想い入れ

カットスペースの鏡の額縁は、名古屋の吹上アンティークホールで見つけたものを

鏡職人に鏡をはめていただきました。

ここまで大きいと重みに耐えられなく落ちてしまうといけないので、
泣く泣く額縁ごと壁にビス(釘)を打ち付けました。。。
アンティークは一品ものなので、なるべくなら傷をつけない方がよいのですが、
もしカット中にこんな大きな鏡が落ちてきたら、お客様が大怪我してしまいます。
安心安全が第一です

茶色の額の下のテーブルは

三重県津市にあるアンティークショップで見つけました!
高さを図ったら、鏡の下にぴったりいい感じにはまりそうなサイズだったので、
即決購入したものです。

アンティークは出逢いです。
その一瞬を逃してしまったら2度と目にすることはなくなってしますのですね~


購入した時は錆々でした。
自分たちでやすりで磨きコーティングしたので、
とても想い入れのあるテーブルです。

関連記事

  1. 花壇も満開です

  2. 2019年の気温

  3. 乳酸菌

  4. 今更ながら、ドライヤーの冷風について・・・

  5. 成人式!

  6. 髪の縛り癖に注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930