髪を乾かす必要性

おはようございます(*^-^*)

梅雨前ですが、既に夏日ですね・・

余りの暑さに、ついついドライヤーもおっくうになって
しまいます。

しかし、髪を乾かさないで置くと・・・↓↓↓

*キューティクルの損傷
髪の表面には、髪を守り、髪のツヤを保つためのキューティクルがあります。
洗髪後は、このキューティクルが水を含んで膨らんで開いただ状態になっています。
このままでは、ちょっとした刺激でキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。
例えば、枕と髪との摩擦。この程度でもキューティクルが剥がれてしまうのです。
このようなちょっとした事が、髪にダメージを与えてしまうことになります。

*雑菌の繁殖
洗髪直後の髪の中には、皮脂の洗い残しや、トリートメントの洗い残しなどがあります。
サロン以外では、完全に洗い落とすことは不可能ですが、すぐに髪を乾かせばそこまで問題では
ありません。
しかし、乾かさずに放置しておくと、髪の中にいる雑菌が残った皮脂やトリートメントをエサにして、
アッと言う間に繁殖します。
洗髪直後の髪の中は、適度な水分もあり頭皮も温かいため、雑菌にとって居心地の良い場所なのです。
雑菌が繁殖すればニオイが強くなるだけでなく、円形脱毛症などの症状や、抜け毛・薄毛の原因になってしまうのです。

*栄養のさまたげ
頭皮には無数の毛細血管が張りめぐらされており、その血管を通ってきた血液によって栄養素と酸素が髪を
成長させます。
しかし、生乾きのままにしておくとそのうちに頭皮が冷え、毛細血管が収縮します。
すると血液の通り道が狭くなり、頭皮に十分な栄養素と酸素が運ばれなくなります。
これが、抜け毛をはじめ、さまざまな頭皮トラブルの原因となります。

どんなにしっかり洗髪しても、そのままの状態が長く続くと、洗濯物の生乾きと同じように
、菌の繁殖やにおいを引き起こしてしまいます。

確かに、髪は熱や紫外線に弱いですが、使用するドライヤーによって傷みにくくすることは
可能です。
こちらのドライヤーはバイオプログラミング技術という最先端の技術で、髪を痛ませにくく
また、艶の出やすい髪へ仕上げます。

暑い夏も間近ですが、頭皮トラブルを防ぐために、ドライヤーでしっかりと髪を
乾かしましょう!

         定休日のお知らせ

  5月・・・27日【月】
 
  6月・・・3日【月】・10日【月】・11日【火】
      17日【月】・18日【火】・24日【月】

  7月・・・1日【月】・ 8日【月】・ 9日【火】
      15日【月】・16日【火】・22日【月】
       29日【月】・30日【火】

       よろしくお願い致します

関連記事

  1. 四月スタート

  2. 美味しい甘酒が出来ました!

  3. 連休明けのおやつの日

  4. サロンBGM,モーツァルトについて

  5. チョコタルト

  6. 年内の営業日のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031