残留アルカリの影響は?

こんにちは!

今日も暑い1日ですね・・・

月・火の稲刈りは、暑さと湿度がかなり高く
大変な2日間でしたが、ひとまず無事に終えることが
出来ました・・・

そして、来週も稲刈りが・・・

ご参加お待ちしております(笑)

そして、暑い日が続きますが、そろそろ秋に向けて
艶髪をキープしたいですね(*^-^*)

髪のパサつき、ごわつきは夏の強い紫外線も勿論原因ですが、
プールや海、カラー材やパーマ液もアルカリ性のため、なるべく早く
弱酸性に戻してあげないと、どうしても髪が痛む原因となります。

髪は、濡れるとキューティクルが開きますが、酸性の状態のときは
引き締まり、タンパク質が流れ出てしまう状態を極力最小限に防いでくれます。

逆に、アルカリの状態のときはゆるんでしまう為、タンパク質が流れ出やすく
髪のパサつき、ごわつき、また、カラーの色抜け、パーマのカールの緩み
に、繋がります。

サルヴァトーレでカラーやパーマの際、サロントリートメントをお勧めする理由は、
その場で残留アルカリを残さず、髪を心地良い状態にそしてヘアースタイルを保ちやすくするためです。

同じようにお手入れしても、前と髪の手触りが違う、と感じられることがありましたら
ご相談ください(*^-^*)

          定休日のお知らせ

   9月・・・16日【月】・17日【火】・23日【月】・30日【月】

  10月・・・7日【月】・8日【火】・15日【火】
      *16日【水】☚お休みをいただきます!
             ご注意下さい!!
       21日【月】・28日【月】・29日【火】

     *10月14日【月】は、営業いたします。
       どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. 春のお菓子

  2. 東北旅!

  3. 髪色の表現言葉

  4. まとまりのある髪へ

  5. 流行に乗ってしまいました

  6. キャラメルのおやつパートⅡ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30