レディ・ゴディバ

こんにちは!

明日からは2月、バレンタインの季節ですね(^^)

バレンタインと言えば、チョコ、そしてチョコと云えばゴディバ!が有名ですね。

そしてゴディバといえば、ゴディバ・レディという女性を皆さんは御存じでしょうか?

ゴディバチョコのシンボルマークにもなっているこちらの女性、11世紀の英国の伯爵夫人の名前です。

「ゴディバ」のシンボルマークである、馬に跨った裸婦こそが、重税を課そうとする夫を戒め、苦しむ領民を救うために、自らを犠牲にした誇り高き彼女の姿です。

領主レオフリック伯爵とその美しい妻レディ・ゴディバの伝説は、1043年、英国の小さな町コベントリーで生まれました。レオフリック伯爵は、コベントリーの領主に任命され、この小さな町を豊かで文化的な都市へ発展させようと決意しました。

大変信心深かったレオフリック伯爵とレディ・ゴディバは、初めに大修道院を建設しました。修道院はさまざまな宗教的、社会的活動の中心となり、この成功により伯爵の野心はますます燃え上がり、次々と公共の建物を建てては、領民から取る税を増やします。あらゆるものを課税の対象とし、肥料にまで税金をかけ、領民は重税に苦しみます。

レディ・ゴディバは、貧しい領民にさらに重税を課すことがどんなに苦しいことか、伯爵に税を引き下げるよう願い出ました。伯爵は断りましたが、彼女は何度も訴えます。ついに議論に疲れた伯爵は、「もしおまえが一糸まとわぬ姿で馬に乗り、コベントリーの町中を廻れたなら、その時は税を引き下げて建設計画を取り止めよう。」 と・・・

翌朝、彼女は一糸まとわぬ姿で町を廻りました。領民たちはそんな彼女の姿を見ないように、窓を閉ざし敬意を表しました。そして伯爵は約束を守り、ついに税は引き下げられました。

ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに「ゴディバ」の名を冠しました。

ゴディバチョコを召し上がる時は、ぜひ、この歴史を想い出して頂けると一層想いを感じられますね。

ちょこっと宣伝(しつこくて申し訳ありません・・・)⇒隣のお店のTOMOEでも、ゴディバリキュールのお酒のご用意がございます。どうぞご賞味下さい!

関連記事

  1. ベリーブルー!春の新色!

  2. 2019はベイクドカラー!

  3. 春のスイーツ

  4. サルヴァトーレ7th

  5. 今年もおいしい甘酒になりますように・・・

  6. レモンのかおり

カレンダー

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031